相続税対策の大失敗

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

相続税み

ビル

相続税対策の大失敗

父が亡くなりそこそこの両親が必死で苦労して築き上げた少しばかりの財産が残った。
遺言書も何もなかったが、亡くなって私たち兄弟以外に他に娘2人がいることが判明した。
母との結婚前に、両親が早くに亡くなり貧しかった子供だけの生活の中、成人するとすぐに兄たちに強要されやむをえず婿養子に入ることになったらしい。
嫌がる父に結婚の承諾をするまで暴行を加え続けたという。
その後2年半ほどの結婚生活に見切りをつけた当時、今後一切婚家とは無関係なる書類を交わし父は安心しきっていたらしく、何の相続税対策もせず亡き後こんなに私たちが苦労するとも知らずこの世を去っていった。
50年以上も何のつながりもなかった、その娘から遺産相続の電話がかかってきたのは父が亡くなってまだ3日とたたないうちだった。
看病も葬儀の苦労もなにもせずお金だけ要求してきたことに亡くなった悲しみに加え不快極まりない仕打ちに2重苦三重苦の思いだった。
相続税対策は必ずしなければいけない。