親や親戚がやっていた相続税対策

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

相続税み

ビル

親や親戚がやっていた相続税対策

皆さんの参考になるかはわかりませんが、親や親戚がやっていた相続税対策をご紹介します。
まずは、生前に贈与税がかからない範囲で長年少しずつ子供にお金を渡す(子供名義で貯金を作っておく)。
それから、子供にはお金が返ってくる保険をかけておく。
子供が病気や怪我などで入院したときには助かりますし、成長してからは戻って来るお金の受取人が子供本人になりますが、このお金には税金がかからなかったと思います。
また、保険金は控除の対象になります。
同じお金を自分で所持して相続させるより、生命保険などで間接的に渡す形にすると、相続税対策になります。
でも、余計な保険をかけすぎるとかえって無駄な出費になりますので、中立的な立場のファイナンシャルプランナーに相談してみると良いと思います。